おまとめローンは金利が低い

借金を複数業者から行っていると、1つ1つの業者へ支払う利息が小さくても、積み重なる事で多大な負担になりえるものです。複数社からの借金によって利息負担が大きいだけではなく、他にも返済時の事務的な手続きを行う数が増えたり、細かく各社に借金を行うと高金利になりがちであり、返済が厳しくなるという方も居ます。

こうした多重債務状態では自己破産等の債務整理リスクがありますが、多重債務者の返済をサポートするおまとめローンというサービスがあり、これは金利を下げて借金負担を軽減するものです。概要は複数ある借金を一社にまとめるものであり、まとめる事によって借金額が減るのではなく、金利を下げるという効果があります。

金利負担が小さくなれば返済しやすくなり、一社に借金がまとまれば返済時の事務手続きも一カ所に絞り込む事が出来ますから、返済忘れなどを防げるのは大きなメリットです。一社に借入が纏める事によって、一社辺りの借入額が大きくなり、借金の特性としても融資額が大きいと低金利化する特徴がありますから、結果的に金利を下げて完済までサポートしてくれるサービスになりえます。

消費者金融では総量規制で年収の3分の1を超えた借金が出来ない規制がありますが、おまとめローンは例外的に利用出来ますし、銀行のおまとめローンが組めるなら金利が安くて有利です。

また、改正貸金業法が完全施行される以前からの借金は過払い金の請求や今後の金利がなくなる任意整理などもあるので、悩んだ際は借金の返済について弁護士へ相談してみるのもいいでしょう。